仲介業者の利点

お家

不動産を売却するときには、まず仲介業者を探すことから始めなくてはいけません。 不動産の売却は不動産会社のような仲介業者を利用した方法が一般的であるため、個人が勝手に売ってよいものではありません。 仲介業者に対して依頼をするときには、仲介手数料かそれに伴う仲介契約料を支払う必要があるのです。 しかし、これらの費用は不動産の売却価格によって変化が生じるのであまり気にしなくても構いません。 仲介業者に関する手数料は、成功報酬として後からまとめて支払えば良いので問題なく利用することが可能です。 仲介業者のメリットは、個人の所有者であっても容易に売却の依頼が出来ることです。 相談をするときにはまず見積もりを聞いて納得をした上で依頼をしましょう。

不動産の売却を仲介業者に依頼しなくてはいけないのは、法律的な問題があるからというだけではありません。 きちんとした業者が不動産を提供しないと大きなトラブルになることがあるからです。 不動産を売却すると、不動産の所有権は相手に移ります。 しかし、実際に所有権が移ったとしてもその物件に何らかの欠陥があった場合には売った者が責任を取らなくてはいけません。 これは、法律によって売却する側が物件に関する重要な事項を説明する義務が存在するからなのです。 個人が勝手に不動産を売ってこの義務を果たせなかった場合には、売った側が責任を取らなくてはいけないため注意が必要です。 だからこそ、今も昔も物件の取り扱いは仲介業者を通して行っているのです。