負債を軽くする

家を建てる

マイホームの購入は大半の人にとって人生で一番高い買い物になるといわれています。そのため、住宅ローンを利用して購入することが一般的です。日本では、かつては住宅ローンといえば公庫のローンが一般的でしたが、近年では銀行や信用金庫なども住宅ローンを始めとした個人向け融資に力を入れるようになってきています。そのため、競争原理が働くとともに史上まれにみる低金利も相まって、以前と比べると非常に低い金利で融資を受けることができます。とはいえ、住宅ローンは非常に長期間かつ金額の大きいローンであるため、返済期間の間にリストラや家庭の事情によって返済が難しくなる事例も少なくありません。そうなると、住宅を売却して残債を整理する必要が生じてきます。

ローンが滞った際の物件の売却は、裁判所の競売を通して行われることが一般的ですが、競売の最低制限価格は市場価格よりも安く設定される傾向にあるため、買い手が少ないと安く競り落とされる可能性もあります。そうしたリスクを避けるため、金融機関と交渉して、任意売却といって所有者自身で売却相手を探して売却するといった手法もあります。任意売却を認められた場合でも、比較的早期に物件を処分することを求められることが一般的ですので、出来るだけ早く購入者を見つける必要があります。任意売却にあたっては、所有者自身の知人や親族等で購入してくれる人が見つかるような稀なケースを除いて、不動産屋に仲介を依頼する手法が一般的です。売り急いでいることが分かると相手方に安く買いたたかれるリスクがあるため、任意売却物件の取り扱いに長けていて、信頼できる不動産業者に仲介を依頼することが重要なポイントになります。