売却の利点

もうすぐ完成

日本社会において住宅の選択は日常生活を送るために大切ですが、住宅の購入は生涯の一大事と言われます。日本の住宅事情は他の先進諸国と比べても高額なので、住宅を購入するために金融機関等からの住宅ローンを受けることが一般的でその返済計画は十分に熟慮されることが多いでしょう。 しかし、残念ながら返済計画が破綻する人もいるでしょう。こうした住宅ローン等の返済が困難になった際に抵当権のついた住宅等の不動産を売却する方法として任意売却をすることが近年増えています。そのため、行政書士や弁護士、ファイナンシャルっプランナー等のように様々な業種から任意売却業務に参入していますが、あくまでも任意売却は不動産取引であるので売買は不動産業者にしかできません。

金融機関等は借主に一定額を貸し出すために、不動産に抵当権をつけることで債権者になることが一般的です。住宅ローンや借入金の返済が困難になると債権者は抵当権を行使することで不動産の競売が可能になります。しかし、不動産の競売は裁判所を通す必要があるため現金化して債権を回収するまでに相当の時間がかかります。その上、裁判所が決めた売却可能価格を基準にして落札価格が決まるので、売却価格は市場価格よりも格段に安くなります。 任意売却は裁判所を通さずに不動産業者の仲介の下で、債権者の調整を行った上で通常の不動産取引として売却されるので不動産価値は市場価格に近い価格で取引されることが一般的で、債権者・債務者双方にとって利点があります。